上場株式

上場株式とは、企業が資金の調達のために発行する株が、証券取引所で公開され株式市場での売買取り引きが行われている株式の事になります。

発行株数や事業継続年数など様々な基準を満たし、社会的な信用も大きな企業が証券取引所に株を公開することができるのですが、こうして上場を行った企業が発行する株券を、上場株や上場株券、その株全体の事を上場株式と呼んでいるのです。

具体的に言うと、株は一般的に株券の事を指し、株式はその株を利用して企業に資金を調達する仕組みの事を指しています。

株券は、株式によって集められた資金の、その出資した証として出資者、つまり株主に渡される証券の事を言います。
企業は、その経営や事業の運営のために資金を必要とします。その資金を集めるために、株券を発行し、それを広く投資家などに購入してもらうことによって、資金の調達を達成します。

集められた資金は、企業の事業を運営していくために、設備投資や事業費用として使われることになり、企業の業績を上げて収益を出していき、成長をしていくことになります。

この仕組みの事を株式と言い、資金を出資し株券を得た投資家は株主となり、その企業のオーナーとなるため、企業の上げた収益から配当金としての利益を得たり、出資して得た株券の価値が上がることによって、自らの資産を増やしていくことになるのです。

このように、株と株券、株式には違いがあるのですが、現在では多くの場合、株式と言えば、株や株券とほぼ同等の意味合いとしてとらえられています。

なお、企業には、株式と似たような債券という資金の調達方法があります。この場合には、社債、または社債券というものが発行されることになります。

社債もまた、企業が事業運営の資金を集めるために行われるものですが、株式では投資家が出資を行うことで企業のオーナーである株主になるのに対し、債券では投資家は債権者として企業に対して資金を貸し付ける立場になります。

これによって、投資家は企業に貸し付けた融資金を、その期限の満期時に全額返還させる権利を持ち、またその貸付期間に応じて金利を受け取る権利を有することになります。

一方の株式では投資家が出資者になるために、投資した資金は戻ってくることがなく、また配当金に関しても、企業の業績によって変動することがあり、場合によっては配当金がない場合もあるのです。

株式と債券では、どちらにもメリットやデメリットが存在し、またどちらも有価証券であるために、証券会社などで購入することができますので、投資を行う場合にはよく確認をし、自身の資産運用のプランに合わせて選択することをお勧めします。