新規上場株

新規上場株とは、企業が新規に証券取引所に株式公開をする際に売り出される株になり、新規公開株やIPO(Initial Public Offering)と呼ばれることもあります。

株が新規上場株と呼ばれるためには、新しく初めて証券取引所に株が上場される企業であることが条件で、以前に上場公開していた株が上場を取りやめ、再び上場されてきた場合にはこの条件に当てはまらないために、新規上場株とはならないことに注意が必要です。

新規上場株は、上場される前は未公開株となっていますので、その公開と売り出しがされる直前に、公募株や売り出し株として広く販売されることになっており、証券会社などを通じてわたしたち一般の投資家であっても購入することが可能です。

特に何もなければ、通常の株と同様に購入することが可能ですが、多くの場合にはこの新規上場株には人気が集まりますので、抽選での販売になることがほとんどであり、当選することによって、あらかじめ定められている公募価格にて購入することができます。

こうした新規上場株の公開販売の情報などは、証券会社のホームページなどで公開されていますので、購入を考える場合には、そうした情報を確認しておく必要があるでしょう。

この新規上場株に人気が集まるのは、投資家にとっては利益を出しやすいという大きなメリットがあるからになります。

新規上場株の公募価格は、株を発行する企業と売り出しを行う証券会社が決定しますが、その企業の人気や信頼度、同業他社との株価と兼ね合いなどからさんしゅつされた価格の予想よりも、おおよそ2割ほど低く価格を設定して公募価格を決める事が通例となっています。

この事により、新規上場株の公募価格は低めに設定されており、投資家は株を購入しやすくなり、企業側は株を公開したと同時に初値から株価が上がっていくために、企業としての知名度と人気を集め、株が良く買われることになり資金を効率よく集める事が可能になるのです。

こうした事から、新規上場株は初値が公募価格を上回ることがほとんどであり、場合によっては公募価格の数倍の利益が得られることもあるため、こうした新規上場株の銘柄には人気が集まることになります。

また、買った新規上場株の売り出しのタイミングも、初値が付いた直後に売っても充分に利益が出るために、難しい取引や相場予測などをする必要がなく、新規上場株を公募価格で購入し、公開直後の初値で売るだけで済むので、こうした面も人気の理由となっています。